沿革


明治25年 仲嶋常太郎(先々代)が三木市府内滑原町に於いて農道具の製造を開始

 

昭和元年  仲嶋秀太郎(先代)が自営を継承

 

昭和16年 渡満用の開拓義勇軍専用鍬の製造開始

 

昭和18年 川崎重工艦船工場の協力工場に指定。軍需品の製造を行う

 

昭和20年 終戦を機に、山林用刃物・農道具・大工道具の製造を開始

 

昭和24年 仲嶋野鍛冶有限會社を設立

 

昭和28年 耕うん機爪の製造に着手

 

昭和34年 東亜重工株式会社に組織変更

      全面的に耕うん機爪の製造を開始し、久保田鉄工・ヤンマー農機の協力工場に指定

      三木市鳥町に於いて、新工場を建設移転

 

昭和47年 トラクター用耕うん爪の製造を本格的に開始する

 

昭和61年 ストロング爪(巾広爪)の販売開始

 

平成4年   仲嶋義孝(現社長)が代表取締役に就任

 

平成9年  スーパーゴールド爪(ストロング爪の昇華爪)の販売開始

 

平成19年 株式会社クボタ純正爪に認定され、製造開始

 

平成20年 TOA耕うん爪を「幸運爪」として商標登録

 

平成21年 設立50周年を迎え、新事務所兼倉庫を当地に建設

 

平成26年 粉体塗装設備を導入

 

平成27年 兵庫県経営革新計画承認企業に認定

 

平成28年 三木市別所町和田にて第2工場を建設

 

平成29年 近畿経済産業局より経営力向上計画認定

 

平成30年 ひょうごオンリーワンを目指す企業に認定

 

平成31年 TOA溶着爪「コブラ爪」「キングコブラ爪」の2式を発売開始。